ニュース掲載一覧
講演・セミナー企画依頼
マスコミの皆様へ
企業の方へ
運営団体紹介
採用に関して

施設の見学をする

ナマの情報を収集するため直接ホームを見学

情報収集した中から有力候補と思われるホームへ直接見学へ行って見ましょう。パンフレット・広告からは"どんな方が入居しているのか""どんな人が介護をしているのか"など、ホームの雰囲気の大部分を作っている、"人"までは読み取ることができません。


また、ホームの実情を知るために、アポイントメントを入れずに見学に訪れる方がいらっしゃいますが、ホーム内レクレーションや集団外出などのイベントや他の見学者と重なってしまい、対応できるスタッフがいないため、詳しく説明を聞くことができないこともあります。見学に行く日にちと大体の時間を電話で伝えておくことで、しっかりとした見学をすることができます。


複数のホームを見学すると、たくさんの情報が集まってきます。また、ホームによってその内容がさまざまである点にも気づくことができるでしょう。その違いに気づくことが見学の目的であるといっても過言ではありません。"受け入れてもらえるホームであればどこでもいい"から"どのホームが入居者本人にとってよりよいホームなのか"という、「選ぶ意識」を持つことが、間違いのないホーム選びにとって非常に重要なポイントとなります。


<<老親介護ねっとからのメッセージ>>

「いくつかのホームを見学したが、ホームごとの違いが分からない」というお話を良く伺います。本当に信頼できるホーム選びをするためには、見学の際により深くホームのサービス内容について聞き込む必要があります。

 

個人情報保護への取り組みについて|このホームページに掲載のイラスト・写真・音声・文章・その他のコンテンツの無断転載を禁じます。