ニュース掲載一覧
講演・セミナー企画依頼
マスコミの皆様へ
企業の方へ
運営団体紹介
採用に関して

どんな種類の老人ホームがあるか把握する

多種多様な老人ホームの分類を大まかに理解

一口に老人ホームと言っても様々な種類があります。
まずはどんなホームがあるのか大まかに把握しておきましょう。


  • グループホーム
    「認知症高齢者対応型住宅」とも呼ばれていて、認知(痴呆)症のある高齢者が、ケアスタッフや他の入居者との共同生活をすることにより、症状の軽減をはかることを目的としたホームです。


  • 有料老人ホーム
    民間企業が運営しているホームで、入居費用・入居対象者は各ホームによって様々です。入居時に支払う入居金の価格は二極化してきており、数千万円のホームと500万円前後のホームが多くなっております。入居対象者は「65歳以上で要介護認定を受けている方」「60歳以上で自立生活を送れる方」など、ホームによって異なります。


  • ケアハウス
    比較的低価格で入居できる、自立した高齢者の方を対象としたホームです。自立されている方が対象となるため、介護が必要となると退居する必要があります。


  • 高齢者住宅
    主に民間企業が運営しており、高齢者向けに建物の構造がバリアフリー対応している集合住宅です。介護サービスは併設されている訪問介護サービス事業所から提供されます。軽度の介護が必要な方向けのホームです。


  • 特別養護老人ホーム
    通称「特養」とも呼ばれているホームです。建設する際に国・自治体の補助金が出ているため、入居費用が安価に設定されております。ただ、入居のための待機者が数多く存在し、入居申請してから数年の待機期間が必要です。


  • 老人保健施設
    通称「老健」とも呼ばれているホームです。病院から自宅、病院から老人ホームに移るためにリハビリを行うことを目的としており、通常は入居期間が3ヶ月に制限されています。


  • 療養型病床郡
    病院での長期療養が必要な方が対象で、病院の一区画に設置されていることが多く、医療サービスと共に介護・生活支援サービスが提供されています。


<<老親介護ねっとからのメッセージ>>

まだまだ介護業界は未発達であるため、ホーム選びをする方にとっては、ホームの分類が非常にわかりにくい状況です。法律上での分類と実際にホームが果たしている役割が一致していないことが多々あります。ご注意ください。

 

本当に信頼できる老人ホーム選びをご希望の方

 

老人ホームの選び方

個人情報保護への取り組みについて|このホームページに掲載のイラスト・写真・音声・文章・その他のコンテンツの無断転載を禁じます。